カテゴリー別アーカイブ: スマホ

GL07Sのカスロム導入方法4.2.2/kitkat

最近GL07S使っていませんが4.2.2やkitkatのカスタムロムの導入方法をメモしておきます。
自己責任で壊れるリスクも覚悟する必要があります。
Gl07Sのroot化関連ファイルはhttp://gl07s.nakayuki.net/public/に置いてあります。

まず環境を整える必要があります。
1, ADBドライバーをインストール http://www.ymobile.jp/lineup/gl07s/driver.htmlからドライバーを入手しインストールします。
2, adb,fastbootコマンドを使用できるようにする 「adb fastboot インストール」などと検索すればやり方は出てきます。

次にブートローダーのアンロックをする必要があります。
1, 端末をPCに接続し、fastbootモードにします。電源を切った後、音量下ボタンを押しながら電源を入れるとfastbootモードに入ります。(端末の画面はemobileのロゴのままです。)
2, コマンドプロンプトからfastboot devicesと打って端末が認識できているか確認します。(もしかしたら文字化けしている部分があるかもしれませんが大丈夫です。)
3, コマンドプロンプトからfastboot oem unlock UUUUUUUUUUUUUUUUと打てばアンロックできます。Uは16文字です。

4.2.2カスタムロムの導入方法
GL07S_4.2.2Installer_.zipをダウンロードして同梱の説明のとおりに作業します。
リカバリー画面(電源切ってから音量上下両方押しながら電源入れる)からwipe(データ全削除)する必要があります。

kitkatカスタムロムの導入方法(ファイルは上記のファイル置き場のgl07s-kkディレクトリ下にあります。)
1,TWRPを導入します。openrecovery-twrp-2.8.1.0.imgをダウンロードしてきた後、fastbootモードでPCに接続しコマンドプロンプトでfastboot flash recovery openrecovery-twrp-2.8.1.0.imgと打てばOKです。(もちろんカレントディレクトリはそのファイルがあるところ)
2, GL07S_kitkat_150531.zipをダウンロードして端末の内部ストレージに保存しておきます。
3,リカバリー画面(電源切ってから音量上下両方押しながら電源入れる)に入ります。TWRPの画面になっているはずです。
4, TWRPから先ほどのZIPをインストールします。データ全削除されます。Install → (Up A Level) → emmc → GL07S_kk_150531.zip → Swipe to Confirm Flash → 勝手に再起動 →wipe data/factory reset → Yes → reboot system now
5, このままでは文鎮になるみたいです。再度TWRPを導入しなおし(1,の手順)、TWRPの画面(リカバリー画面)に入ってdataをwipeするといいようです。

参考:【ROM焼き】EMOBILE STREAM X GL07S root1
,[GL07S]GL07S_kitkat_150531.zip をインストールしてみた

GL07Sのroot化できました

長い間一部ではGL07Sのroot化が期待されていたようですが、今年の1月中旬頃にはrootは取れていてようです。中国のサイトにroot化用のファイルが出回っていました。
しかし半ばascend p2のroot化されたROMを突っ込んでいるのでおサイフケータイが使えなかったり、ファクトリーリセットするとWiFiテザリングやBluetoothなどが死んだり、ネットワークモードのLTEの選択ができなくなったりでちょっと手が出しづらい感じでした。

しかし、GL07S純正のROMが公開され、imgファイルに抽出してくれた人がいてくれて純正ROMにいつでも戻せるようになり、純正ROMが手に入るようになったからにはrootが取れたROMが出るのも時間の問題かと思えば昨日出ました!

root取ってる以外はまんま純正ROMなのでおサイフケータイもテザリングもbluetoothも生きていて、いつでももとに戻せますね。

ではroot化する方法です

とはいってもスクリプトを実行してROM焼きするだけなんですけどね(^_^;)

  1. まずファイル一式をダウンロードします。そして展開します。
    emobile-gl07s-root.zip 720MBほどあります。(torrentでダウンロードすると速いかも)すいません現在はtorrentのトラッカーが動いていません…
  2. GL07SをUSBデバッグを有効にしてPCにつなぎます。
  3. Windowsならroot.bat、LinuxとかMacならシェルからadbとfastbootコマンドが使える状態でsudo ./root.sh
  4. 指示に従って待てばOKです。途中砂嵐画面になりますが気にしないでください。

現在はmiuiやandroid4.2のカスタムROMもあります。ブートローダーもアンロックできます。TWRPも導入できます。emobile-gl07s-root.zipにある説明ファイルは長らく更新されていません。

最新の情報を確認したり、提供したり、相談するのに2chのroot化スレを訪れてみたらいいでしょう。